ダイエットの運動は、食前と食後どっちが効果的?

ダイエットをしている人の多くは、ウォーキング、ジョギング、ランニング、筋トレ、縄跳び、水泳、自転車、等々の様々な運動をしていると思います。

これらの運動は、食事の前に行うのと食事の後に行うのとでは、どちらがダイエットに良いのでしょうか?

せっかく時間をかけて運動をしているのですから、より効果がある方が良いですよね。

スポンサーリンク

 

ダイエットの運動は食事の前が良い?それとも後?

ダイエットを行なっている方ならご存知かと思いますが、運動には

・有酸素運動
・無酸素運動

があります。

 
「有酸素運動」とは、

・ウォーキング
・ジョギング
・エアロビクス
・サイクリング
・水泳

など、軽度または中程度の負荷の長時間継続して行う運動を指します。

エネルギー源として、体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させて使うため、ダイエットに最適です。20分以上続けることで脂肪燃焼が効果的に起こります。
また燃焼材料として酸素が必要となります。

 
一方、「無酸素運動」とは、

・筋肉トレーニング
・短距離走

など、酸素を必要とせずに短時間で筋肉に強い負荷をかけて行う運動です。筋肉量を増やし、基礎代謝を高めてくれます。

 
ダイエットにおいて、運動をする時に食事の前が良いのか?または食事の後が良いのか?は、この

「有酸素運動」を行うのか?「無酸素運動」を行うのか?

によって変わってきます。

では、ご説明します。

 

有酸素運動は食前が効果的

私たちが運動をする際、エネルギー源として、

・糖(グリコーゲン)
・脂肪

の2種類が使われています。基本的には糖から優先的に使われ、無くなってから脂肪が使われます。

 
しかし、食事前の体内の糖質が消費された状態で有酸素運動を行うと、真っ先に体内の脂肪が燃焼されてエネルギーとして使われます。なので食前がおすすめ、というわけです。

逆に、食後に有酸素運動をすると、食べ物から摂取した糖がまず先にエネルギーとして使われるため、体内の脂肪を使うまでに時間がかかってしまいます。

有酸素運動をして効率良く脂肪を燃焼させたいなら、食前にしましょう。

ただし、食事前は低血糖状態になりやすく、空腹すぎたり運動をやりすぎたりするとめまいや貧血を起こしてしまう可能性もあります。

あまりに空腹の場合は、フルーツなど軽くて消化に良いものを少しだけ食べておき30分〜1時間ほど空けてから運動したり、様子を見ながら軽めの運動に留めておく、などの対策を取るようにしましょう。

 
 

無酸素運動は食後が効果的

負荷の高い筋トレなどの無酸素運動は食後に行うのが好ましいです。

食前ではエネルギー不足になりがちなので、十分に力が発揮できずに効果的な筋トレを行うことができません。

食後はエネルギーが補給できた状態となるため、力を発揮しやすくなり、筋トレの回数や重量などを増やしてしっかりとしたトレーニングを行うことができます。

 
また食事の運動は、食事で摂った糖をすぐにエネルギーとして消費することで、脂肪の合成を促す働きのある「インシュリン」の分泌を抑えることができるため、太りにくくなると言われています。

 
ただし、食後すぐの運動は消化に悪く、胃にも負担がかかってしまいます。消化不良を起こしたり、疲労の原因にもなります。

食後最低1時間、可能なら2時間程空けてから運動を行うようにしましょう。

スポンサーリンク