ダイエット効果も!あんこの原料「小豆」の美容・健康効果がすごい!

2018年11月30日

羊羹、おしるこ、ぜんざい、大福、おはぎ・・・等々、和菓子に使われる「あんこ」、とても美味しいですね。

「粒あん」vs「こしあん」論争なんてのもありますよね。

そんなあんこの原料となる「小豆」。この小豆には実はすごい健康効果、美容効果があるんです!

スポンサーリンク

 

小豆の健康効果

東洋医学では、小豆の煮汁には「解毒作用」があると言われています。

8世紀には日本でも栽培されており食事や薬として使われていました。

漢方では生薬・赤小豆として用いられています。

 

栄養価が高い

小豆には、タンパク質、ビタミンB群、鉄分や葉酸など、栄養素も豊富に含まれています。

鉄分や葉酸、タンパク質は貧血予防に効果的。血液不足による冷えの改善にもつながります。

また、疲労回復や肩こりに効果がある「ビタミンB1」がとても多く含まれています。

 
さらに、粒あんの皮に含まれる「サポニン」という栄養素は漢方薬の生薬にも配合されている成分でもあり、生活習慣病などに効果があります。
お酒をよく飲む方や高脂肪の食事が多い方の弱った肝臓回復を早める効果もあります。

 

小豆の美容効果

ダイエット効果

サポニンには脂肪の吸収を抑える効果や、
さらには、血流を促したり、余分な水分を代謝させる働きがあるのでむくみ改善にも効果があります。

また、あんこは脂肪分が少ないため脂肪の蓄積がされにくいので、洋菓子に比べて太りにくいと考えられています。

さらに血糖値の上昇もゆるやかであるため、脂肪が蓄積されにくいんです。

 

便秘解消効果

あんこの原料である小豆には、豊富な食物繊維が含まれており、その量はなんと「ごぼうの3倍」!

さらにオリゴ糖も含まれているので、便秘解消だけでなく宿便をとる効果も期待できます。

 

美肌効果

小豆は、赤ワインの約1.5倍のポリフェノールを含んでいます。
ポリフェノールはには、細胞の老化の原因となる活性酸素を抑えてくれる強力な「抗酸化作用」があります。

皮膚の細胞の老化を防ぎ、シミやしわの改善なども期待できます。

 
あんこ人気対決では「こしあん」の方が人気が高いようですが、
小豆の皮に豊富な栄養素が含まれるので、健康効果や美容効果を期待するなら「粒あん」がオススメです!

スポンサーリンク