野菜ジュースは本当に栄養があるの?野菜の代わりになる?

2018年3月3日

健康や美容のために「野菜ジュース」を飲んでいる方が多いと思います。

しかし「野菜ジュースは体に良い」「野菜の代わりになる」という声もあれば、反対に「野菜ジュースは栄養がない」または「体に悪い」という意見もよく聞きますよね。

実際はどうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

「野菜ジュースは栄養がない」と言われる理由

野菜がたっぷり使われているにもかかわらず、なぜ市販の野菜ジュースは「栄養がない」「健康に良くない」と言われているのでしょうか?

 

濃縮還元だから

野菜ジュースは一般に「濃縮還元」という方法で作られていますが、その過程で、野菜には熱が加えられます。

野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維など、豊富な栄養が含まれており、それぞれ健康の維持に欠かせない大切な役割を果たしますが、

加熱によって、特に水溶性で熱に弱い性質のある「ビタミンC」がほとんど失われてしまいます。

 
これが「野菜ジュースは栄養がない」と言われる大きな理由の一つになっていると思います。

 
しかし、
この加熱で失われた分を補充するために、ビタミンCやその他の栄養素を添加している野菜ジュースも多くあり、

特に「1日分の野菜」や「野菜一日これ一本」などは、ビタミンCだけでなく食物繊維やカルシウムも添加されており、1日に必要なビタミンCや食物繊維を補給できるようになっています。

 
また、他のビタミンや、カルシウム・カリウムなどのミネラルや、野菜の色素であるカロテノイドなどは、加熱しても減少しにくい栄養素です。

さらにこれらの中には、リコピンやβ-カロテンのように、生の野菜から摂るよりも野菜ジュース等の加工品で摂る方が吸収率の良い栄養素もあります。

 
 

不溶性食物繊維が含まれていない

野菜には含まれていて、野菜ジュースにはあまり含まれていない栄養素の一つに「食物繊維」があります。

 
食物繊維は、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」に分けられますが、これらの食物繊維をとる場合の理想的な割合は、

不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1

といわれています。

 
しかし、野菜ジュースに含まれている食物繊維のほとんどは「水溶性食物繊維」。
「不溶性食物繊維」は口当たりをよくするために除去されていることが多く、理想的なバランスの食物繊維をとることができません。

 
「不溶性食物繊維」には、

・便のかさを増し便通を整える
・腸内の悪玉菌や有害な物質を排泄して腸内の環境を整える働
・血糖値の上昇を緩やかにしてくれる

といった働きがありますが、
野菜ジュースでは、食物繊維を野菜そのものを摂取した時と同じように摂取することは期待できません。

 
 

酵素が失われている

酵素は、食べ物の消化や吸収し筋肉や血液を作る、筋肉を動かす、脳を働かせるなど、生命活動を行うために必要不可欠なもので、エネルギーの源となっています。

酵素は、生の野菜や果物からでないと摂取できないと言われていますが、
酵素は熱に弱いため、濃縮還元や加熱処理の製造過程で無くなってしまいます。

スポンサーリンク

 
このように野菜ジュースは、全ての栄養素を野菜そのものと全く同じように摂取することはできず、完全に「野菜の代わりになる」とは言い切れませんが、

「野菜ジュースには栄養がない」というのは誤解で、ビタミンCやビタミンA、ビタミンK、カルシウム、カリウム、リコピン、β-カロテンなど、様々な栄養素が摂取できます。

もちろん、野菜ジュースさえ飲んでいれば健康になれるわけでありませんが、これらの栄養素をとてもお手軽に摂ることが出来るのが野菜ジュースのメリットです。

忙しくて野菜が不足しがちな人、野菜嫌いの子供など、うまく活用すれば健康の強い味方になってくれます。

まずは普段の食事で野菜をバランスよく摂るように心がけ、野菜ジュースは野菜摂取の補助として、いつもの食事にプラスでとるようにしましょう!

 
【おすすめの記事】
「頑固な便秘」に即効で効く意外な食べ物
「りんご」はなぜ体に良いの?リンゴの驚くべき効果・効能!
「プロテインを飲むと太る」は嘘!?むしろダイエットの強い味方だった!
プロテインはいつ飲むと良い?最も効果的なタイミング【ダイエットにもおすすめ!】
食べて楽に痩せる!ダイエット効果のある「痩せる食べ物」10選!
痩せない原因はこれだった!?意外な【太るNG習慣】

食事, 健康

Posted by NK