脚痩せ・全身のダイエットにも!【スクワット】の嬉しい効果&やり方!

2018年2月4日

スクワットは、主に太もも、太ももの裏、お尻などの下半身を鍛え、引き締めることができるトレーニングですが、

継続的に行えば、脚やせ効果はもちろん、お腹や全身のダイエットにもつながるとても効率の良い運動です。

「筋トレの王様」や「キング・オブ・エクササイズ」とも呼ばれているスクワット。

今回はそんな「スクワット」の素晴らしいダイエット効果やその他のメリット、やり方についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

スクワットの素晴らしいダイエット効果、メリット

脚やせ効果が絶大

スクワットは、
・太もも前側にある筋肉「大腿四頭筋」
・太ももの後ろ側にある筋肉「ハムストリングス」
・お尻にある「大殿筋」や「中殿筋」

などを効率よく鍛えることができます。

運動する機会が減りぷよぷよになってしまった太ももや、垂れてきたお尻をキュッと引き締めるのにとても効果的です。

「スクワットなんてしたら筋肉がつくから嫌」「むしろ脚が太くなってしまうんじゃ?」と思う方もいるかもしれませんが、

きちんと正しいやり方で行えば脚が太くなる心配はありませんし、
太ももがパンパンになるほど筋肉量を増やすためには相当なトレーニング量が必要であるため、ダイエット目的で行う分には太くなることはありません。

またダイエットにおいて、筋肉をつける・増やすことは、

・脂肪燃焼効果を高める
・基礎代謝量をアップさせ、痩せやすく太りにくい体を作る

のにとても重要です。
(基礎代謝量=何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために消費するカロリー量のこと)

安心してどんどんトレーニングしましょう。

 

全身のダイエットにもなる

スクワットは太ももやお尻だけでなく、ふくらはぎ、お腹、腕、背中など多くの部分の筋肉を使うため、効率よく全身の筋肉を鍛えることができます。

また人の体の中で、太ももは1番目に、背中は2番目に筋肉量が多く、これらを鍛えれば大幅に身体の筋肉量を増やすことができるため、基礎代謝量が上がり痩せやすくなります。

ちなみに、筋肉量を増やすのに「スクワット15回は、腹筋500回と同じ効果がある」と言われています。

ここでポイントなのは、スクワットという筋トレ自体には、脂肪燃焼の効果はあまり期待できないということです。スクワットによって「筋肉が増えること」でダイエット効果が発揮されます。

スクワットによる脂肪燃焼効果を狙う場合は、ウォーキングなどの有酸素運動と組み合わせて行いましょう。有酸素運動の前にスクワット(無酸素運動)をすることで、有酸素運動の脂肪燃焼効果をより高めてくれます

大きな筋肉を刺激すれば成長ホルモンの分泌量が多くなり、他の部位の筋トレや有酸素運動の効果を高める効果があると言われています。

 

姿勢が綺麗になる

スクワットをすることで背筋や腹筋、大腰筋が鍛えられ、正しい姿勢になるよう補正してくれます。

猫背が改善され、無理しなくても自然と良い姿勢をキープできるようになります。

姿勢の改善には、骨盤を元の状態に戻し、正常な位置に補正してくれる「骨盤スクワット」というスクワットもおすすめです。

 

スクワットのやり方

ダイエットのためにスクワットをしようと考えている方は、下の動画の前半で紹介されているやり方がおすすめです。

上でご紹介した姿勢が良くなる「骨盤スクワット」のやり方です。

 

スクワットを行う際の注意点

スクワットを行う際は動画などでしっかりと確認し、必ず正しいやり方・正しい姿勢で行うように注意してください。

特に背中を丸めてやると腰に負担がかかって痛めてしまう場合があるので、背筋をきちんと伸ばした状態で行ってください。

また、スクワットは一見簡単そうに見えて、実際にやってみるとかなりきつい運動です。やりすぎて膝や腰などを痛めてしまうことのないようにしてください。

今まで運動をする習慣がなかった方は特に、少ない回数から始めて慣れてきたら徐々に回数を増やしていくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめの記事】
ー13kg!リバウンドなし!私が成功した【楽に痩せるダイエット】①ポイント
ウエスト引き締め効果がすごい!ドローインダイエットのやり方!
脚やせ効果絶大!簡単【脚やせマッサージ】
食べて楽に痩せる!ダイエット効果のある「痩せる食べ物」10選!
「頑固な便秘」に即効で効く意外な食べ物