「プロテインを飲むと太る」は嘘!?むしろダイエットの強い味方だった!

2018年2月3日

「プロテインを飲むと太る」

というイメージをお持ちの方って結構多いようですね。

「プロテイン=筋肉増強剤」と捉えていてこのように思っている方が多いのかもしれませんが、

プロテイン(protein)とは日本語で「タンパク質」という意味で、

スポーツ店やドッラッグストアなどで売られている「プロテイン」は、「タンパク質を効率よく摂取するためのサプリメント(栄養補助食品)」です。筋肉増強剤ではありません。

また、タンパク質といえばお肉というイメージがあって、「タンパク質は高カロリー」だと思っている方もいるかもしれませんが、お肉が高カロリーなのは脂質によるもので、タンパク質自体は決して高カロリーというわけではありません。

プロテインを飲んだからといって太ることはなく、むしろうまく利用すればダイエットの強い味方になります。

スポンサーリンク

 

プロテインはダイエットに効果がある!?

中には「プロテインがダイエットに良い」と聞いたことがある方もいると思います。

上でも言いましたが、プロテイン=タンパク質(の効率的な摂取を目的とするサプリメント)なので、プロテインを飲むだけで痩せるということはありません。

しかし、
プロテインを筋肉トレーニングや運動と組み合わせて摂取することで、間接的にダイエット効果を発揮します。

運動やトレーニングを行うと様々な筋肉細胞が傷つき、傷ついた筋肉はタンパク質によって修復されます。
(タンパク質は、炭水化物・脂質と共に「三大栄養素」と呼ばれ、筋肉・内臓・皮膚・爪・毛髪など人の体の様々な部分を作るのに欠かせない栄養素です。)

そして、筋肉のダメージが回復したときに筋肉量が増えるといわれています(=超回復)。

プロテインを飲むと、筋肉の修復に使われるタンパク質を効率よくスムーズに摂取することができるので、プロテインを飲まずに筋トレする場合よりも筋肉が付きやすくなります。

特にしっかり体を動かした後のプロテイン摂取は筋肉を増やしてくれます。

筋肉が増えると、

基礎代謝量が増え、

痩せやすい・太りにくい体になる

というわけです。

逆にタンパク質が不足していると、筋肉の修復が追いつかず、筋肉アップができなかったり筋肉が分解されてしまうこともあります。

このようにプロテインは、筋トレや運動の効果を高め・筋肉を増やすサポートをすることで間接的にダイエットの効果を上げてくれます。

タンパク質は、肉、魚、卵など様々な食品からも摂取することができますが、

低カロリー高タンパク質な食品を選ぶ・調理の段階で油を使わないようにするなど工夫をしなければ、どうしてもタンパク質以外の余分な栄養分も同時に摂ることになりがちです。

また、一日の必要摂取量分のタンパク質を摂取しようと思うと、かなりの量の食事をしなければいけなくなり、必然的に摂取カロリーが大幅に上がってしまいます。

そういった場合に、タンパク質を効率よく摂取できるプロテインがとても役立ちます。

また、ダイエット中はタンパク質が不足しがちになるので、「健康や美容を損なわないように栄養を補う」という意味でもプロテインはおすすめです。

プロテインの種類の中には、体を大きくするためのプロテインや増量用のプロテインというものもあるので、ダイエットに利用しようと考えている人は購入する時に注意が必要です。

スポンサーリンク

また別の記事で、プロテインの選び方や効率の良い飲み方、ダイエットにおすすめのプロテインなどもご紹介したいと思います。

【おすすめの記事】
プロテインはいつ飲むと良い?最も効果的なタイミング【ダイエットにもおすすめ!】
私がやって成功した【楽に痩せるダイエット】(リバウンドなし!)②ダイエットの方法
ウエスト引き締め効果がすごい!ドローインダイエットのやり方!
脚やせ効果絶大!簡単【脚やせマッサージ】
女性なのにあごひげが生えてきた・・・!!ショック!!
簡単!もちもち!グルテンフリー「米粉100%食パン」の作り方!