食べて楽に痩せる!ダイエット効果のある「痩せる食べ物」10選!

2018年1月30日

ダイエット成功のためには、食事量の調整や運動が必須といえますが、

「楽に痩せたい!」

「食事量を減らさずに、食べて痩せたい!」

など、ダイエットを始めようと思っている人・始めた人の中にはこのように思っている方も多いと思います。

 
「でも、そんな都合のいい話なんて・・」と諦めるべからず!

 
今回は、ダイエットに効果のあるオススメの「痩せる食べ物」をご紹介したいと思います。

 

「痩せる食べ物」って?

まず、「痩せる食べ物」とは一体どういうものなのか?というと、ざっくりと大きく分けて

●食べ物自体のカロリー(摂取カロリー)よりも、その食べ物を消化するカロリー(消費カロリー)の方が大きい食べ物

または、

●脂肪を燃焼させる効果のある食べ物

 
の2種類になります。

特に前者については「食べれば食べるほど痩せる食品」と言われていて「マイナスカロリー食品」や「ネガティブカロリー食品」と呼ばれ、

また、それらの食品を取り入れたダイエット方法を「マイナスカロリーダイエット」「ネガティブカロリーダイエット」と言います。

スポンサーリンク

楽に痩せたい!ダイエット効果のある「痩せる食べ物」10選

ブロッコリー

ブロッコリーはマイナスカロリー食材の一つです。

ブロッコリーには食物繊維が多く含まれているため、腸の働きが活発になって代謝が上がり、体脂肪が燃えやすくなります。

また、クロミウム(クロム)というミネラルを含んでいて、脂肪の燃焼と筋肉を作る働きをしてくれます。

さらに、カリウム含有量が100gあたり360mgと野菜類の中では多いので、むくみの解消にも役立ちます。

 
 

りんご

りんごも、それ自体のカロリーよりも消化カロリーの方が上回る「マイナスカロリー食材」です。

また、リンゴを食前に食べると脂肪の燃焼を助けてくれます。整腸効果にも優れているので、ダイエットには嬉しい「便秘解消効果」も期待できます。

 
 

キャベツ

キャベツには多くの「食物繊維」が含まれています。

食物繊維には一緒に食事したものの脂肪を吸着して体の外へ排出させる働きがあるため、内臓脂肪をたまりにくくしてくれます。

キャベツもマイナスカロリー食材の一つです。

 
 

唐辛子

唐辛子はカロリーも低く、含まれる「カプサイシン」という成分が、脂肪を燃やしやすくします。

ただ、過剰に摂取してしまうと人によっては胃腸が荒れたり、吐き気や嘔吐、高血圧など、健康的な被害を引き起こす可能性もあるため、摂取量には注意が必要です。

 
 

赤身肉

牛肉や豚肉など赤身のお肉には、

代謝を上げて脂肪を燃やす効果がある「L-カルニチン」
脂肪を燃やすために必要とされる「ビタミンB群」
体の筋肉を大きくする「タンパク質」

が含まれています。

赤身のお肉からは良質なたんぱく質が摂取でき、運動をした後に食べると筋肉量が増え、基礎代謝が上がります。

また、赤身肉を消化するために胃腸を激しく動かしてエネルギーを使うので、食後の代謝量つまりカロリーの消費が大きくなるという特徴もあります。

牛肉には筋肉を維持する効果があるため、ダイエットで減少しがちな基礎代謝を保持するのにも役立ちます。

 
 

鶏胸肉、鶏ささみ肉

鶏胸肉・鶏ささみ肉は低カロリー高タンパク質で、ダイエットに最適の食材です。

同じカロリーの炭水化物とタンパク質を取った場合、タンパク質の方が2倍痩せやすいと言われています。

筋肉を作るタンパク質が豊富に含まれているため、特に運動後に積極的に摂取すると良いでしょう。

 
 

たまご

黄味も白身もきちんと摂取することで脂肪が減りやすくなります。

また卵には良質なタンパク質が含まれており、満腹感が高くお腹が空きにくいという特徴もあります。

ダイエットにおすすめの調理方法は、「ゆで卵」。消化する時のカロリー消費も大きく、油なども使用しないのでヘルシーに摂取出来ます。

 
 

きのこ類

エリンギやえのきなどのきのこ類のカロリーは100gあたり約20kcalととても低カロリーであるため、たくさん食べても太りません。

また身体に脂肪がつくのを抑える作用があり、食物繊維も豊富で満腹感を感じやすいため、ダイエットに取り入れるのにぴったりの食材といえます。

 
 

トマト

トマトに含まれるリコピンには、血糖値を下げ、血液中のコレステロールを抑える効果があります。
より多くのリコピンを摂ることができるのでトマトジュースがおすすめです。

トマトもまたマイナスカロリー食材です。

 
 

グレープフルーツ

グレープフルーツも「マイナスカロリー食材」です。

また、グレープフルーツにもトマトと同様にリコピンが多く含まれており、血糖値をコントロールし、血液中のコレステロールを抑え、より多くのカロリーを消費させます。

スポンサーリンク

 
「痩せる食べ物」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

普段の食事の中でどんどん取り入れていけるような食材ばかりなので、買い物も普段通りで、何か特別な物を買ったりしなくていいのも嬉しいですね。

積極的にダイエットに取り入れて、空腹を我慢せずに「食べて楽に痩せるダイエット」を実現しちゃいましょう!

 
【おすすめの記事】
ウエスト引き締め効果がすごい!ドローインダイエットのやり方!
脚やせ効果絶大!簡単【脚やせマッサージ】
ー13kg!リバウンドなし!私が成功した【楽に痩せるダイエット】①ポイント
「頑固な便秘」に即効で効く意外な食べ物
即効性あり!便秘解消に「コーラ」が効く!