メガネ無しも夢じゃない!【自力で視力回復する方法】

2017年11月20日

長時間のスマートフォンやパソコンによって視力が落ちてしまったという方、非常に多いですよね。

視力を回復(矯正)する方法として、

「レーシック」「フェイキックIOL(ICL)」といった手術や、

特殊なコンタクトレンズを夜眠る前につけることで日中の一定期間視力を矯正する、
「オルソケラトロジー」というものがありますが、

リスクや費用などのことも考えてなかなか踏み出せない方も多いと思います。

そしてそんな方達の中には、なんとか自力で視力回復できないだろうか、と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は「自分でできる視力回復法」として、視力を回復させるためのトレーニングや日々の生活の中に取り入れていきたい事などをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

簡単!視力回復トレーニング

近視は、ピント調節を担う目の筋肉「毛様体筋」が衰えることで引き起こされます。毛様体筋を鍛えるトレーニングを行いましょう。

 

近くの景色と遠くの景色を交互に見るトレーニング

1. ペンや鉛筆を顔の正面に来るようにして持ち、腕を伸ばします。

2. ペンを両目で3秒見た後、外の遠くの景色や建物を両目で3秒見ます。ペンと遠くのものをしっかりと意識して見るのがポイントです。

3. これを、3回1セットとして、1日2セット行います。

遠くと近くを交互に見ることで疲れてこり固まってしまった毛様体筋をほぐし、ピント調整力を鍛えます。

毛様体筋は繊細でデリケートな筋肉ですので、2を行う際には、

・あまりに近くを見すぎない
・遠くと近くの切り替えを速くしすぎない

ということに注意してください。

 

遠くを見つめるトレーニング

1. 遠くにある木や星など、見えるものに焦点を合わせ、両目で凝視します。ただ見るのではなく、集中して見ます。

2. 一方の目を手で隠して1と同じように意識して見る。もう片方も同じように行う。

3. 3回を1セットとして、1日2セット行います。

遠くの一点を意識して見ることで毛様体筋を鍛えるトレーニングです。

ギリギリ読めるか読めないかくらいの文字をずっと見つめるなども効果的です。

 

眼筋トレーニング

1. 目を軽く閉じながら、目を目玉が上がる限界まで上に動かして5秒間静止させます。

2. 上ができたら、今度は下へ動かし5秒間静止させます。同様に右→左→上→・・と順番にやっていきます。

3. これを3分間を1セットとして、1日3セット行います。

「外眼筋」をきたえるトレーニングです。

2年間この視力回復トレーニングを続けたところ、0.4だった視力が0.8まで回復した方もいるようです。

 

 

視力回復に効果的な工夫や習慣

次に視力回復の方法として、普段の生活の中に取り入れていきたい工夫や身につけていきたい習慣などをご紹介します。

 

目のまわりの血行を良くする

目に蒸しタオルを当てる、蒸しタオルが無いときは両手で目を覆うなどして、目の周りの血行を良くしましょう。

目のまわりの血行を良くすることで、必要な成分が目にしっかりと届き、目の疲れが解消できます。目の疲れを解消することは視力回復につながります。

血行の改善は筋肉のこりを癒やすことにもつながるため、毛様体筋などをほぐすのにも効果的です。

視力回復トレーニングと組み合わせて行うとトレーニングの効果がより高まります。

 

できるだけ裸眼で生活する

メガネやコンタクトレンズは、運転中やどうしても必要な時だけにし、出来るだけ裸眼で生活するようにします。

特に、近い距離で見える範囲での作業には、メガネやコンタクトレンズを極力使用しない様にするのが良いでしょう。

近視であっても、両眼視力が0.3以上の場合、20〜30センチ近い距離であればメガネやコンタクト無しで物を見る事は可能です。
その状態で無理にレンズを付けた状態で物を見る事は、水晶体の屈折を強める事になり、近視が進行してしまうことになります。

非常に視力が悪く裸眼で生活するのが難しい場合は、まずは度の弱いメガネにするなどでもOKです。

 

スポンサーリンク

 

視力回復効果のある目薬をさす

●「ジクアホソル」(ジクアス点眼液)

ジクアス点眼液は、白目から分泌される目の粘膜を保護する成分「ムチン」の分泌を促してドライアイを改善する目薬です。

視力回復ができる目薬として知られており、0.4の視力が1.0に回復したという実例もあります。このジクアス点眼液は15年ぶりの新薬です。

●「レパミピド」(ムコスタ点眼薬)

ドライアイや、ドライアイによる角膜の傷からくる視力低下に効果があると言われています。

ムコスタ点眼薬には「ムチンを作る細胞を増やす」働きがあり、傷ついた粘膜の炎症を抑え、目の炎症や角膜の修復効果があります。

●「マイオピン」(低濃度アトロピン)

「マイオピン」は、毛様体弛緩作用による調節の遮断、眼軸長延長の抑制などの作用により、近視の進行を抑制する効果があります。
また、従来の副作用もほぼないと報告されています。

有効な効果を得るために少なくとも2年以上継続して使用する必要があります。

●調節改善剤(ミオピン点眼液など)

初期の老眼、眼精疲労に伴う視力低下にも有効とされています。

ピントをあわせる毛様体筋の働きを高める作用があり、仮性近視(調節緊張)の治療に調節麻痺剤点眼と併用して使われることが多い点眼薬です。

・以上の目薬は、「医師の処方箋」が必要です。市販では売られていないため、購入したい場合は眼科で診察を受け処方してもらう必要があります。

 

アントシアニンを摂取する

ポリフェノールの1種である「アントシアニン」は、視力回復や眼精疲労の改善に高い効果があるとされています。

網膜にある光を感じる視神経細胞の「ロドプシン」が目の酷使や加齢によって再合成される力が弱まると、視力の衰えや眼精疲労の原因になりますが、

アントシアニンは、このロドプシンの再合成を促進することで、眼精疲労を和らげ、視力回復を助けます。

アントシアニンが多く含まれている食べ物で有名なのが「ブルーベリー」ですが、その他にも

・カシス
・ぶどう
・なす
・赤しそ

など、紫色の食べ物に豊富に含まれています。

スポンサーリンク

 

最後に

自力で視力を回復させるためのトレーニングや日々の生活の中でできる工夫をいくつかご紹介しました。

他の健康法や筋肉トレーニングなどもそうですが、視力回復は1日で成せるものではなく日々の積み重ねで徐々に効果が現れるものです。

「効果がない」とすぐに諦めてしまったりせずに、毎日コツコツと続けていく様にしましょう。

また、トレーニングなどを焦って1日にたくさんやり過ぎてかえって目に負担をかけてしまうということのないように、1日の適切な量を守るようにし、疲れてきたと感じたらすぐに中止して目を休めるようにしてください。

【おすすめ記事】
その体調不良は「グルテン」のせいかも?「グルテンフリー」の素晴らしい効果で健康な体に!
お肌つるつる! 米ぬか美容法
女性なのにあごひげが生えてきた・・・!!ショック!!
埋没毛・毛穴の黒ずみ解消ジェル【ストレミライン】は本当に効果があるの?
【ストレートネック】になっていませんか?長時間のスマホやPCに要注意!

健康, 全般

Posted by NK